最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

    土地付きは有利

    不動産投資目的で不動産買取をする場合、どんな不動産を買取すれば良いのかというのが悩みの種となります。予算や現在...

    Readmore

    生活の変化に合わせて

    古くはバブル景気の時代などには、日本には土地神話と呼ばれる状況がありました。土地神話とは、土地などの価格は下が...

    Readmore

    買取で注意すべきこと

    上に書いたように、戸建てからマンションへ年齢を経るごとに住み変わっていくという流れがあります。これはライフスタ...

    Readmore

ヘッドセットをした女性

不動産買取のサービスは、不動産業者が行っています。
仲介をせずに不動産業者が戸建て住宅やマンションを直接買い取ってくれますので、迅速に不動産を売って現金化することができます。
今住んでいる戸建て住宅やマンションに、売り物件の看板を立てられるようなことはないので、誰にも気づかれずに売却することができます。
不動産情報サイトや物件情報誌にも掲載されないので、秘密裏に不動産を売却できます。
不動産の買取価格については業者によって異なります。
インターネットには複数の業者から買取価格の見積りを取得できる一括見積サイトがあります。
利用料は無料で、複数の業者から見積もりをしてもらえるので、高値で不動産を買い取ってもらえます。

住宅ローンの支払いが困難になった時には、そのまま放置しておくと、住んでいる戸建て住宅やマンションは競売にかけられてしまいます。
競売の落札価格は市場価値の半値以下になる場合がありますので、早めに不動産業者に相談することが大切です。
競売にかけられる前に不動産を売却する方法には、不動産買取だけでなく、任意売却を行うこともできます。
任意売却は不動産業者に仲介を依頼して、物件の買主を見つけてもらう方法です。
任意売却のメリットは、不動産業者に直接買い取ってもらうよりも、高値で売れる場合が多いことです。
デメリットは不動産を現金化するのに時間がかかることです。
買主が見つからない場合もありますので、その場合は不動産業者に買い取ってもらうことになります。

日本ではバブル崩壊後は、地価はずっと下落傾向が続いていました。
2013年頃より大都市の商業地を中心に、地価は上昇に転じていますので、不動産買取価格も上昇の傾向がみられます。
しかし日本中で買取価格が上昇しているわけではありません。
特に買取価格が高くなっている地域は、首都圏と名古屋、大阪の三大都市圏です。
住宅地よりも商業地の方が地価は上昇していますので、店舗付きのテナントビルなどの買取価格は上昇をしています。
過疎化が進んでいる地域は、地価はまだ下がっていますので、不動産の買取価格は低い状態が続いています。
政府は地方都市を活性化するための取り組みを行っており、今後は地方都市でも不動産の買取価格は上昇する可能性があります。

オススメリンク

お金の山

土地付きは有利

不動産投資目的で不動産買取をする場合、どんな不動産を買取すれば良いのかというのが悩みの種となります。
予算や現在販売されている物件等、それぞれで条件が異なるので一概には言えないのですが、一般的に考えると中古の一戸建てだと言えます。
まず、中古である理由は、新築よりもかかる費用を…Read more

関連リンク